金買取から携帯買取まで、買取のことなら【買取ガイド】をご参考に!

金買取、ダイヤ買取、プラチナ買取、ブランド買取、携帯買取など、買取の情報なら【買取ガイド】。各種買取情報や買取の知識、おすすめの買取専門サイトをご紹介いたします。

金の純度

金の純度というのは、24分率によって表されることになります。純金というのは24金、24カラット、もしくはK24という形で表現されることになります。金の含有量によって、その数値が変わっていくことになるのです。
(さらに…)

金の産地

これまで、金が発掘された総量としては、容積では代々木オリンピックプールの二杯分。約10万トンにもなるといわれています。しかし、それに対して現在地球に残っている埋蔵量は、半分程度の約5万トンになります。
(さらに…)

錬金術師たちの夢

錬金術、といわれるような金属変性術は中世の時代に大きな流行になりました。
そのときのヨーロッパでの自然学の権威であるアリストテレスが、地上の物質はすべて組み合わせによって物質変換が可能であるというように発表しました。それが科学者以外にも、成功したいという欲を持った一般人に対しても広まり、流行となっていったのです。
(さらに…)

新大陸発見と金・銀

15世紀のヨーロッパにおいては、科学が発展することで大航海時代といわれる時代になっていました。
(さらに…)

メイプルリーフ金貨

カナダ王室造幣局によって発行されている地金型金貨が、メイプルリーフ金貨です。
1979年に創鋳されており、それからは毎年発行されています。表面にはエリザベス2世の肖像があり、裏面にはサトウカエデの葉が浮き彫りになっています。純度は純金であり、99.99%、24カラットです。
(さらに…)

ウィーン金貨ハーモニー

800年の歴史を持つオーストリア造幣局によって、ウィーン金貨ハーモニーは発行されています。現在、ヨーロッパでは唯一発行が行なわれている純金の地金型金貨になります。
(さらに…)

投資用金貨の購入と売却

投資用金貨については、大手の地金商、金属精錬会社の販売店では、そのときの金相場に応じた市場価格での売買を行なうことができます。その価格については、金地金と同じように、店頭小売価格と店頭買取価格の二本建てになります。同じ量の金地金よりも割高になります。金貨の鋳造、流通といったコストはここにプレミアムとして上乗せされます。そのためにこのようなシステムになるのですが、売買には金地金のように手数料がかからないために、プレミアムで相殺するという形になります。
(さらに…)

投資用金貨の金の純度

投資用の金貨には、24Kのもの、22Kのものがあります。24金、22金といわれることもあります。24Kの場合、全体の24/24が金ということになり、純度としては99.99%です。22Kの場合には22/24が金ということになりますから、純度としては91.67%程度です。この場合、残りの8%には銀や銅などが含まれて居ます。
(さらに…)

ダイヤモンドとは

ダイヤモンドは、実験で確認される天然で最も硬度を持っている物質です。日本語では、金剛石、というようにいわれることもあります。結晶構造としては八面体のものが多く、それ以外には十二面体のもの、六面体のものもあります。宝石や研磨剤の素材として使われるということが多くなっています。
ダイヤモンド結晶の元素には、不対電子が存在していません。そのために、電気を通さないものとなっています。
(さらに…)

錐の先端のビット

様々な材料の穴を開ける、石油井掘削といったボーリング材料、岩石の切断などにも使うことができます。ハイウェイの表面を削り落とすために使われることもあります。ダイヤモンドのドリルというのは、実は身近なところでは歯医者でも使われているものなのです。